なぜ朝食を食べる必要があるのでしょうか?

そして、私たちが発見したのは、朝食を抜く人は、時間の経過とともに体重が急激に増える可能性が高いということです。1日3食食べると、1日を通してのカロリー摂取量が少なくなるでしょう。一方、朝食を抜いて、2食ですべてのカロリーを摂取すると、血糖値とインスリン値の急上昇が大きくなります。食事の内容によって血糖値が急上昇し、膵臓がインスリンを分泌してブドウ糖を吸収しますが、インスリンは空腹ホルモンでもあり、最終的には体に脂肪を蓄えるように指示します。そのため、インスリ

ン値の変動が大きいと、体はより多くのエネルギーを脂肪として蓄え、3時間または4時間後に空腹を感じやすくなります。私は低脂肪または無脂肪のヨーグルトにブルーベリーをのせたものが好きです。時にはブランをのせることもあります。私は全粒シリアルが好きですが、これもまた、脂肪分が少ないものを使用します。または砂糖を加えず、最後に冬に少し寒くなると、スチールカットのオートミールを作り、その上に蜂蜜やベリーを少し加えます。加工肉の多くはあまり良くありません。ベーコン、ソーセージ、ハムなどです。これらにはナトリウムが多く含まれており、飽和脂肪が非常に多いため、あまり良くありません。おそらく高度に精製されたシリアルです。市場に

は繊維が0グラムか1グラムしか含まれていない冷たいシリアルがたくさんあります。それらは本当に多くの砂糖が添加されており、体に非常に負担がかかります。そしてもちろんアメリカ人はドーナ

ツが大好きです。ドーナツをたくさん食べるのは良くありません。精製された穀物が多く含まれており、これも問題になります。卵はどうでしょうか。何万人もの人々を追跡すると、1日1個の卵は実際には健康に良くないことがわかります。卵はそれほど悪くありません。タンパク質のよい供給源ですし、1日1個の

卵を食べても心臓病や糖尿病の発症率は高くならないことがわかっています。毎日2個か3個の卵を食べれば、卵に含まれるコレステロールが蓄積されて影響が出る可能性があります。しかし、1日1個の卵はそれほど悪くありません。なぜなら、卵に含まれるコレステロールはほとんどの場合、体内でコレステロールに変わることはないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *